BEAU LABO。それは、

好奇心を追求できるプログラム

興味のあることに今、夢中になる。

その積み重ねが未来をつくる。
 

福井県の高校生の皆さん、一足先に社会をのぞいてみませんか?

BEAU LABOは、

学校や学年の枠を超えた同世代、
様々な背景をもつ大学生や社会人、

そして福井を代表する企業と共に、


知的好奇心を追求できる

「地域密着型 探究学習プログラム」です。

興味のあることに今、夢中になる。

第2期生 募集中!

2020年春~夏予定!

スケジュール等の詳細は、もうしばらくお待ちください。

興味のあることに今、夢中になる。
農業ラボ
肥料や農薬を一切使わずに植物本来の力を生かす自然栽培。食の安心安全や健康、環境問題にも取り組んでいきます。
提携:自然栽培実践塾@鯖江
地域経済ラボ
フィールドワークや実践的な活動を通して、ショッピングセンターと地域のあり方・地域経済について学んでいきます。​
提携:ラブリーパートナー エルパ
国際問題ラボ
環境・貧困・紛争・難民・教育・ジェンダー等の様々な国際問題について探究していきます。日本語や英語で議論したり、アクションを起こしたりして学びます。後援:JICA
まちづくりラボ
コンテンツ準備中です。しばらくお待ちください。
メディアコミュニケーションラボ
近年多様化するメディアコミュニケーションのあり方について学び、考えていきます。
​提携:福井新聞社

どんなラボがあるの?

1期生の声

  • 深山 きらら

    地域経済まちづくりラボ 武生東高校2年

    BEAU LABOは「教科書でできない学び」を支えてくれる存在です。教科書にないこと、答えのないことを他校の学生や大学生と共に考え抜いた3ヶ月間は決して学校の活動ではできない、私にとって特別な3ヶ月間になりました。

     

    BEAUの活動を通して様々な人と出会い、意見を交換するようになり、すぐに自身の変化に気づきました。それは、今まで当たり前に見ていたもの、通り過ぎていたことに疑問を抱くようになったり、そこから無意識に学びを得ようとしていた事です。BEAUで得た「学ぶこと」に対する私の中の新たな姿勢はこの3ヶ月だけでなく、今後の私にとっての強みになると確信しています。そのような環境を与えてくださったBEAUのサポートメンバーの方々には感謝してもしきれません。ありがとうございました。

  • 川端 凛花

    国際問題ラボ 武生東高校2年

    "なにか新しいことにチャレンジしたい!!"漠然で曖昧な目標を掲げBEAUへの参加を決めた私ですが、BEAUで出会った多くの高校生、大学生、社会人の方によって3か月後には大きく変わっていました。国際問題の中でも"貧困"についての活動を続けてきた私たち国際問題ラボは困難の連続でした。貧困問題についての知識が足りなかったり、世界的な問題を扱うため行動を起こすことも難しかったりなど最初から最後まで大変でした。活動方法が具体的に決まらなくて一日中悩み考え、正直"もう嫌だ、もう辞めたい"と思った時もありました。
    しかし、専門的な知識を持つ大学生や社会人の方が熱心にサポートしてくださった結果私たち高校生が考え、作り上げたプロジェクトを完成させることが出来ました。

     

    普段の生活の中では、自分の興味のある貧困問題について話し合ったり学びを深める場は多くありません。しかし、BEAU では同じように興味がある高校生と出会いお互い刺激を受けると共に、大学生や社会人の方との出会いによって普段できない様なことに挑戦できます。BEAUでの3ヶ月間は私にとって1番大変だけど充実した3ヶ月でした。
    支えてくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

  • 栃川 真美

    国際問題ラボ 高志高校2年

    BEAU LABOは、学校でもない部活でもない不思議なつながりだからこそたくさんの「できる」があります!私は国際問題のラボにいるのですがはじめは知識の差に衝撃をうけ、辛くもなりました。だけど、その分学ぶことも多くて知識が増えていくたびに楽しさも覚えました。

    また、その高いレベルについていこうと良い刺激を受けることもできました。BEAUにはいろんな高校、また大学生、大人の方々がいてさまざまな経歴を持つため自分の視野も広がりました。いろんな人と出会えることが不思議なつながりの一番良いところです。私は知らない人々の中に一人だけ飛び込んで行くのは怖かったですが、逆になにも知られていないことを逆手にとってどう思われてもいいや自由奔放に振る舞えました。きっと多くの高校生が周りが知ってる人、知ってる場所だけになってしまっているのではないでしょうか?ぜひ新しい出会い、発見を探している人は、BEAUを経験してみて欲しいです。

  • 森 千紘

    国際問題ラボ 高志高校1年

    私は、国際問題解決のためになにかアクションをおこしたいと思っていた時、たまたま参加したイベントでBEAU LABO というものを知り、国際問題ラボに入ることを決めました。

    私は国際問題にとても興味があり、毎回の活動をすごく楽しみにしていました。普段の生活で中々国際問題について本気で話し合ったり、なにか活動をしてみたいという志を持つ人達と集まったりする機会がなかったので、ラボの活動はとても新鮮でわくわくするものでした。しかし、みんな忙しくて中々集まれなかったり、目標が具体的に定まらなかったりと回り道もたくさんして、大変だなと感じたこともあります。その時には、先輩である大学生の方達や、社会人の方達と話し合ったり、意見を聞いたりしながら解決していくことができました。
    BEAU LABOの活動を通して、色々な人と出会い、話し、貴重な経験をたくさん積むことができたと思います。この経験は将来に絶対役立つと思います。

© 2020 BEAU Association - All rights reserved.

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン